納骨堂の魅力とは

納骨堂に興味を持つ最初の理由として、一見納骨堂には見えないような美しい建物が多いということです。それぞれのHPにも写真が載せられていますが、思わず生で見てみたくなるものばかりなんですよ。

進化したお墓のカタチ

お墓は今、進化し続けています。納骨堂の中には、思わずすごい!と言ってしまうような収蔵方法もあります。その実態を知れば、実際に見学に行きたくなること間違いなしです!

メリットもたくさんある

納骨堂にはメリットがたくさんあります。従来のお墓では実現できないことも納骨堂では叶えることができるので、お墓にするのか納骨堂にするのか考えている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

お墓は建てるべきなのか?

日本では、古くから人が亡くなると遺体を埋葬するという習慣がありました。木や石で作られた棺桶に遺体を納めていた時代から、古墳を作る時代へと形を変え、現在のお墓のような形へと進化し続けたのだそうです。昔から、故人を埋葬して供養を行うことは大切にされてきたのですね。
現在でも、特に高齢の方や大人の方の多くはお墓は大切にしなければならないものという認識を強く持っています。人が亡くなると、精神は天に還り、肉体は大地に還ると言われています。そのため、位牌には精神の魂が、お墓には肉体の魂が宿るという考え方をされているんですよ。また、お盆にはご先祖様が帰ってくるということで、お盆にお墓参りをするようになったのだそうです。
そういった話を聞くと、お墓は建てなければいけないように思えてきますよね。しかし、お墓を建てなければならないという法律はありません。納骨を行い、しっかりと供養をすれば大丈夫です。
最近では、お墓に変わる新しい故人の弔い方として納骨堂が登場してきています。納骨堂は、元は霊園や墓地の片隅にあったもので一時的に遺骨を預かってもらうための施設でした。納骨堂が増え始めた当初は、元の使われ方と同じように期間が決められていましたが、だんだんと永代にわたって遺骨を預け、供養をしてもらえる施設へと変化しています。
お墓を建てるか建てないか。それは家族全員でじっくりと話し合わなければならない難しい問題です。しかし、納骨堂という新しい選択が増えたこともあり、お墓の必要性について今一度考えた方が良いのかもしれません。

骨壷を持っている女性